離婚 慰謝料

離婚賠償金について

■慰謝料■

 

離婚するにあたり、相手側に違法行為があり、それが原因で肉体的、精神的に損害(苦痛)を被った場合に請求できる賠償金です。

 

離婚の場合でなくても「慰謝料」とは幅広く使われる言葉ですね。
相手との話し合いで支払ってくれるとなればいいのですが、応じてくれない場合は調停や裁判での話し合いということになります。

 

慰謝料の請求には時効があります。

 

離婚の届けをしてから3年間だそうです。

 

ですが、相手側に不貞行為があった等の場合はこれに限りません。

 

慰謝料を請求する場合は、きちんと書面にしておくことをお勧めします。

 

公正証書であればいうことはないです。
公正証書とは、当事者が公証役場に行き、契約内容を示して公証人に作成してもらうことをいいます。
高い証明力がありますが、手数料などがかかります。

 

⇒ 詳しくは日本公証人連合会へ。

 

■財産分与■

 

財産分与とは、二人の共有の財産つまり婚姻中に築いた家庭の共有財産を公平に分けることです。

 

慰謝料は、相手側に問題がないと請求ができませんが、財産分与は自分に離婚の原因があった場合でも請求することができます。

 

資産形成に協力していた、という前提でですが・・・。

 

慰謝料も財産分与もできれば一括でもらうことをおすすめします。

 

取り決めた金額を後々支払わなくなるケースというのは実に多いです。

 

分割払いの際は、離婚協議書を公正証書にしておいた方が安心できると思います。

 

 

さてさて、ここで私の場合です^^;

 

プロフィールもそうですが、私は「その人」の場合が気になる方です。
自分と照らし合わせて参考になるから、私の場合という体験談を載せてしまうのですが、余計なお世話でしょうか?><

 

離婚を決めた当初、理由を知っている方々には一様に「慰謝料取れるんじゃない?」と言われました。

 

でも、私の中でそこまでは・・・という思いがありました。

 

私が提案したのは、家庭の財産として貯金してある分は半分ずつにしよう。
その代わり引越しに関する費用は負担して欲しい・・・というものでした。

 

最初はそれで了承していた元夫ですが、最終的には「一月分の生活費として30万だけ残しておいて。後は全部持っていっていいよ。家電も必要なものは全部持っていっていい」と言ってくれました。
せめてもの償いだから・・・と。

 

実際これはありがたかったです。
やはり、引越しに思った以上にお金が必要だったからです。

 

実際にもらった家電は空気清浄機一台のみで、後は全て買い揃えました。

関連ページ

準備貯金について
離婚をしたいけれど、金銭的に余裕がなかった時は?離婚に関わる様々な費用に関して説明します。
不動産の名義変更と贈与税
不動産があった場合はどうすればいいのでしょうか?また、贈与税についても説明します。
離婚協議の公正証書
大切な、公正証書について。
専業主婦離婚後の生活
専業主婦だった場合、離婚後の生活はどうなるのでしょうか?また離婚したいけど働きたくない・・・今、そんな身勝手なことを口にする女性が増えています。