離婚 一人暮らし

不動産の名義変更と贈与税

このサイトでは、私がそうだったように女性が引っ越すを前提にアドバイスを書かせていただいています。

 

ありがたいことに時々いただく応援や相談メールなどでも、ほとんどの方が新居を探されているか、既に別居をされているようです。

 

けれど、万が一「家」に執着があり不動産を慰謝料としてもらいたいという場合は税金のことを考えなくてはいけません。

 

基本的に、慰謝料や財産分与に税金はかかりません。

 

けれど、不動産の譲渡の場合は譲渡する側・される側ともに税金がかかります。

 

離婚前で、まだ籍が入ってる状態で名義変更してしまえばいいじゃない!と思いがちですが、この場合贈与税がかかります。
贈与税とは、個人から現金や不動産などをもらった時にかかる税金のことです。

 

では離婚後では?

 

離婚後は、財産分与となりますので、対象となる不動産が居住用の場合には、居住用財産を譲渡した場合の三千万円の特別控除等を受けることが出来るそうです。
ですが、この特別控除には婚姻期間が20年以上であるとか、条件がいくつかあります。

 

税金の問題では、一人で解決しようとしないで、まずは無料の法律相談に行くなど、しかるべき専門家に相談に乗っていただくのがいいと思います。

 

個人的には、執着を手放し、一からスタートをすることをオススメします。
(執着していても何もいいことがないのは、今だから言えることです・・・。)

関連ページ

準備貯金について
離婚をしたいけれど、金銭的に余裕がなかった時は?離婚に関わる様々な費用に関して説明します。
離婚賠償金
離婚賠償金とは?
離婚協議の公正証書
大切な、公正証書について。
専業主婦離婚後の生活
専業主婦だった場合、離婚後の生活はどうなるのでしょうか?また離婚したいけど働きたくない・・・今、そんな身勝手なことを口にする女性が増えています。