離婚 働きたくない

専業主婦離婚後の生活〜離婚したくないなら〜

専業主婦だったけど、離婚したい・・・。

 

または、離婚を切り出された場合、どうしたらいいのでしょうか?

 

離婚をして再出発をしようという方はこちらへ。
>>>専業主婦だった場合の仕事の探し方

 

離婚したくない!関係を修復したいという方はこちらへ。
>>>離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

 

専業主婦だった場合、離婚をした時に一番に考えなくてはいけないのは今後の生活費です。

 

管理人の考えですと、今の時代専業主婦を望むことが贅沢だと思います。

 

自分は働きたくないから養ってほしいという考えは、ニートと何ら変わりありません。

 

それを「家庭をしっかりと守っている」という大義名分を振り回しているだけです。

 

※ アスリートや弁護士、医者、国会議員などの高収入の人の妻というのであれば話は別だと思います。特殊な職業の人はかなりのケアが必要なので、食事管理や身の回りのことなど神経をつかう必要があります。

 

上記のように特殊な職業で、高収入を得ている人の妻というのはある意味女性のプロです。

 

一般のサラリーマンの男性の妻で、そこまで徹底して旦那様の身の回りのケアをしている人が一体どれだけいるでしょうか?

 

家庭内のことを完璧にできている女性は、離婚は切りだされない

 

よく「私は一生懸命やっていたのに・・・」ということを聞きますが、ほとんどの場合は自己満足です。

 

私も専業主婦の期間が長くあったのでわかりますが、効率よくやれば家事なんて午前中で終わります。

 

午後からは自由な時間を作ることだってできます。

 

今も、専業主婦の人を見ると「ヒマなんだな」と感じます。

 

子育て中でもないのに「主婦は一番忙しい」というのは時代遅れです。

 

離婚したくないならすべて受け入れろ!

 

今まで専業集だったけど、突然ダンナに離婚を切り出されたという人は、まず旦那様の不満をすべて聞いて受け止めて下さい。

 

離婚したくないのであれば、言い訳はしないでくださいね。

 

逆ギレなんてもっての外です。

 

ここで「私だって〜」という人だからこそ、離婚を切り出されるんだということを理解して下さい。

 

ネット上の相談所で「専業主婦だけど離婚を切り出された」という人の書き込みを見かけますが、ほとんどが自分にとって都合のいい言い訳です。

 

それらも客観的に読むこともオススメします。

 

そして、どうしても離婚したくないのであれば、まず自分も働いて下さい。
仕事を見つけましょう。

 

働くくらいなら離婚する、というのであればそれもいいと思います。

 

男性は言葉ではなく行動を見ますので、口だけで謝っても行動が伴わなければ結果は同じだと思います。

 

なだめすかして何とかしようとは思わないことです。

 

知恵袋をはじめとする相談掲示板で「夫は嫌いだけど働きたくないから離婚はガマンする」というものを目にします。

 

嫌いな人と我慢して暮らすよりは離れたほうがストレスもなくいいと思います。

 

なによりダンナさんが可哀想ですね。

 

我慢してやるなんて平気で口にする女性が家事を完璧にしているとは思えません。

 

あなたはどうですか?

 

我慢して離婚しないでやっている、と思うのなら、自分の姿を鏡に写してジックリ見てみてください。

 

ダンナさんに「そばに居てほしい」と言われる容姿ですか?

 

どうせなら仲良く暮らしたほうがお互い楽しいと思うんですけどね・・・^^;

 

その方法がわからないという方に、こちらは本当におすすめです。
>>>離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

 

 

>>トップページ

関連ページ

準備貯金について
離婚をしたいけれど、金銭的に余裕がなかった時は?離婚に関わる様々な費用に関して説明します。
離婚賠償金
離婚賠償金とは?
不動産の名義変更と贈与税
不動産があった場合はどうすればいいのでしょうか?また、贈与税についても説明します。
離婚協議の公正証書
大切な、公正証書について。