離婚 一人暮らし

この部屋だ!

何件も見て回って・・・めぐりめぐって「この部屋だ!」という物件に出会えたら、それは「運命の部屋」だと思います。

 

ネットで検索をして、良さそうな物件はプリントアウトしていきました。

 

そして予約を入れて部屋の下見をお願いします。

 

 

4月からの新生活に備えて、1〜2月というのはいい部屋はどんどん決まっていきます。

 

 

実際に私が賃貸会社を訪れた際、どこの会社も同じように部屋を探す人で一杯でしたし、見ているそばから「あ、その部屋はさっき決まってしまいました」ということがありました。

 

 

思ったのは、人気の沿線はどこも人気であるということです。

 

都内よりだから、とか関係なく人気の沿線はどこの駅もそれなりに開けているのです。

 

 

実際に部屋を下見してみて、この部屋に住んでいる自分、がリアルに想像できるかどうかというのはかなり重要だと思います。

 

いい部屋なんだけど、何かが引っかかる・・・すぐに決めたいと思わない・・・という場合はいくら勧められても一旦STOPしましょう。

 

それから、信頼できる男性の知り合いがいれば(兄弟とか)下見についてきてもらうと良いと思います。

 

 

先入観かもしれませんが、女一人だと舐められる気がして^^;
それに部屋探しが初めて!というのなら余計についてきてもらった方がよいと思います。

 

 

大手の賃貸会社ももちろん回りました。

 

比較したいのはエ●ブルとアパ●ンです。

 

エ●ブルは、メールの問い合わせの返答も早くて、物件の下見の時もとても丁寧に対応してくれました。

 

また、今はペットを飼いたいと言う人が非常に多いそうで、オーナーさんにペット可にしてほしいという交渉を会社を上げて強くしているのだそうです。
その他にも、敷金礼金をナシにするとか・・・。
一生懸命説明をしてくれたのが印象的でした。

 

対してアパ●ン。

 

メールの返事ナシ。
電話応対微妙。

 

その時点で実際に下見に行こうという気はなくなりました。

 

ズサンな対応をしたところで、CM効果などで集客には困らないというところでしょうか。

 

ですが、最初の時点でこういう対応をする会社の管理するアパートを借りたとして・・・。
何かトラブルが起こった時、即座に誠意ある対応をしてくれると思いますか?

 

 

これから住むところは借りて終わりではありません。

 

賃貸会社の対応もシビアに見ていきましょうね。

関連ページ

住むところはどうする?
離婚することになったら、大抵女性のほうが家をでることになると思います。部屋探しについて、どうしたらいいのでしょうか?
部屋探し
離婚後、初めて一人暮らしをするのに部屋探しをしました。しかもネコを連れていたのでペットも変える物件探しに苦労しました。
この部屋だ!裏技編
離婚後の女性のひとり暮らし、部屋探しで役に立つ家賃の交渉などをお伝えします。覚えておくと便利です!