離婚後の手続き

転入・転出届け

新居が決まっている場合は、離婚届を提出しに行った時にまとめて各種変更届を済ますことをオススメします。

 

私の場合は、新居が決まっていたので引っ越し届けとか必要なのかな〜と「苗字の変更とか引越し先が決まってるんですけどどうすればいいですか?」と聞いてしまいました。

 

健康保険も変わるわけですからね。

 

役所の方は「まずAの窓口に行って下さいね〜Bの窓口に行って下さいね〜」と指示してくださいます。

 

大きな役所の場合は中が広い上に、建物自体が別れてる場合がありますのでどこに行ったらいいのか聞いてしまいましょう!
大抵受付というか、案内のカウンターがあります^^

 

まず、他県、他の市区町村へ引っ越される方は、あらかじめ転出届が必要になります。

 

届出には引越し先の住所(メモしておきましょう)、加入されている方は国民健康保険証、国民年金手帳、印鑑が必要になります。

 

職員の方に聞きながら記入をしていきます。
ここで、一度健康保険証も返却になります。
新しい県、市の方で新たに発行してもらうからです。

 

じゃあ、その間は病院にいくことはできないの?という心配は無用です。
代わりの証明書を発行してくださいます^^

 

そして「転出証明書」が発行されます。

 

これをもって引越しが終わったら、その地区管理の役所に行って「転入届」の手続きを行います。

 

転入届は引越しをしてから14日以内に行わないといけません。

 

「転出証明書」と印鑑(念の為)を持って、新住所地の役所に行きましょう。

 

仕事をされている方は1日お休みを取って、その他諸々の手続きと一緒にすませるのが良いかと思います。

 

私は役所での手続きとパスポート、銀行・郵便局などの氏名変更を一気にやりました。
疲れた・・・。

 

でもこれで、住民票も移り、手続きは完了です。